運用方法

30代に入って突然敏感肌になった原因と対策

 

10代20代の頃は、何もしなくても本来の肌の美しさを前面に出せる時ですが、30代に入って突然肌質が変わったと感じられる方が多く居ます。

 

今まで使っていた基礎化粧品が急に肌に合わなくなり、かゆみが出たり赤くなったりするパターンもあります。

 

いわゆる敏感肌に突然なってしまうのです。

 

私自身も実際にこの経験をしました。学生時代ニキビ一つできず、みんなから綺麗な肌だねといつも褒められていたのですが、30代に入って突然、昨日まで使っていた化粧水が合わなくなり、どんどん肌が荒れていきました。

 

最初は一過性のものだろうと高をくくっていたのですが、いつまで経っても症状が改善されず皮膚科にも行きました。

 

原因は未だに分からないのですが、恐らく加齢によるものや突然の環境変化、ストレスなどが重なったのかと思います。

 

ちょうど30代に入って結婚したので環境が大きく変わり、見えないストレスを抱えていたのかもしれません。

 

いずれにしてもある日を境に、敏感肌へと変わってしまった自分の肌と、今後どう付き合っていったら良いものか真剣に悩みました。

 

幸い友達にモデルの子が居て、美容にも詳しいので自分の肌の状態を相談しました。

 

聞けば彼女も敏感肌でアレルギー持ち。愛用している敏感肌専用の化粧水のサンプルをいくつかくれました。

 

皮膚科医が開発したという、敏感肌の人専用に作られたそのシリーズは、肌に優しい処方で安心して使うことが出来ました。

 

とても気に入ったので、そのシリーズを全部揃えたいなと思ったのですが、意外と高額で全シリーズを購入することは断念しました。

 

とりあえず化粧水と乳液は購入して、日焼け止めはまた違うメーカーのものを探しました。

 

その時にネットで敏感肌について色々調べたのですが、敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているので、特にクレンジングを肌に優しい処方の物にしたほうが良いとの事でしたので、敏感肌用のクレンジングも購入しました。

 

その後、毎日の洗顔の仕方に気をつけたり、保湿を心がけたりすることで、多少の改善は見られています。

 

ディセンシア化粧品アナヤスのトライアルセットご存じですか?