運用方法

同じ敏感肌の人と情報交換しては同じ悩みを解消して付き合っていこう

 

本当にちょっと合わないと赤く腫れたり、痛みを伴うようなカブレが頬あたりにできてしまうのが困る敏感肌です。敏感肌はなかなか治りません。ずっと敏感肌の人はその肌と付き合うことになります。10代の頃から敏感な肌で、30代になっても敏感肌なのです。

 

女性として、やはり顔を綺麗にするということは、とても大切なことだと思います。敏感だからと言って、不潔にしてはいられません。でも、市販の化粧品や洗顔料では、どうしても赤い腫れが出てしまうわけです。

 

こうなったら、自分で何か良い洗顔料となるものはないかと探したところ、米の研ぎ汁が効きました。米の研ぎ汁をぬるま湯で洗った顔にたっぷりと塗り、円を描くようにして丁寧に洗います。たっぷりと付けてもほとんど痒みも出ませんし、腫れません。それでいて皮脂の汚れを取り除くことができるのです。鼻のまわりの脂汚れが綺麗になり、あの毛穴の黒いボツボツも少し改善されました。口のまわりのベトベト汚れも見事に落ち、サッパリとします。

 

これはいいと思い、毎日の洗顔に取り入れてみました。2週間もすると、顔全体が綺麗になり、白くて美しい肌が蘇ったのです。モチモチっとした弾力のある肌にもなります。透明感というものをよく耳にしますが、本当にその透明感が蘇ったのです。驚きました。

 

肌に付けてもピリッとする刺激というものもなく、快適に何度でも洗えます。肌の乾燥も防ぐので、乾燥からくる敏感肌を改善する効果まであります。

 

敏感肌の人は、自分でウェブの敏感肌のサイトなどを見ては、どんなものがいいかということを調べたり、口コミや体験談をこまめにチェックしては参考にしてみるといいです。私が利用しているサイトは、mixiの情報交換専用トピです。

 

同じ敏感肌で悩む人が多く集まってコミュニケーションができるので、とっても精神的にも楽になります。悩んでいると暗くなるので、もっとそういったサイトを利用しては、前向きにその肌と付き合うのが良いと思います。